Being ビーイング と Doing ドゥーイング

自愛コンサルティング主宰のコージです。

前回は、
私を自愛しよう(私を OKする、許す、受け入れる、弁護する、褒める)というお話しと、

自愛することを拒否する人がいるっていうお話しでした。


Being ビーイング と Doing ドゥーイング


自愛を拒否する人は・・・

甘やかせると、成長できなくなるとか
頑張らなければ生きている価値が無いなどという、


自分の不足感や、不満足感に焦点を当てて、
がんばって何か「する事」をやってきた人です。
それを「Doing(ドゥーイング)に価値を置いている」と言います。


一方、私の存在や、ありのままを受け入れたり尊重したりすることを、
「Being(ビーイング)に価値を置いている」と言います。


Doingに価値を置いている人は、
何も出来ない私とか、
不足・不満・完璧では無い私だと
自分のことを認めることができないのです。


いつも自分と他人の比較や、
自分が他人からどう思われているか?、
自分が自分にどれだけオッケーなのか
気になって仕方ありません。


何かすることで、自分の価値を補ってきたともいえます。
価値の無い自分への欠乏感は、
成功とか達成で、一時的に埋まったように感じても、
またさらに不足感を感じて、いつまで経っても満足を得ることがありません。


一方、Beingに価値を置いている人は、
自分の存在そのものに価値を置いて認めているので、
どんな私でも受け入れ、愛する傾向にいます。

なので、安定感があり、理由もなく自然に湧いてくる自信があります。

たとえ人との比較をしても、自分を許しているので、
自分にも相手にも、両方にオッケーを出せる人が多いと思います。


何に価値をおいているかで、ずいぶんと生き方や生きやすさが変わってきますね~。



参考図書を掲げておきます。

どちらも増刷されていないので、中古本になりますけど、おすすめです。

僕は野口嘉則さんのセミナーで勧めてもらい、大変感銘を受けましたよ。
(下が元の書籍で、上が後から文庫化されたものです)

パートナー・家族が幸せに。自愛カウンセリング セラピー 感情解放 願望実現

私は私のままで大丈夫! 〜自分を愛して、マインドフルネス観察で、悩み不安から、究極の平和と自由へ〜 自らの力で快適に過ごして頂くために、 誠心誠意サポートさせて頂きます!

0コメント

  • 1000 / 1000