ジャッジ(比較や判断)の罠わな 後編

ジャッジ(比較や判断)の罠わな 後編

みなさんこんばんは。

家族や夫婦、職場の人間関係を幸せにする自愛コンサルタントのコージです^^

前回の内容は、下記をご覧ください。

観察を続けると、
ジャッジする瞬間がわかってきたり、
ジャッジした故に感情がわいてきているんだなってことがわかるという事でした。

目の前の現象 
→ 思考(脳のフィルター) 
→ 感情
の図式です。

例えば、

LINEを書いて既読になったのに返答がない
 → 普通返答くれても良いのに(悪いことだ)
 → 悲しみや怒りを感じる


上司がダラダラしている
 → 上司のくせにやる気がないのはおかしい(自分だけこんなに頑張っている)
 → 辛い気持ちを感じる

このような形で、私の判断や比較から、
いやな感情を感じるようになっています。

そして、そのような思考や感情がわいてきて作り出している私を観察することで、

ジャッジした瞬間に気づいて、
それ以上それについて考えることをやめたり、

また、苦しい感情の原因が自分の思考の結果なのであって、
事実ではないと理解できたりします。


そして、その苦しい状況にどっぷり浸かっている状態から、
一歩離れた楽な状態になることができるのです。

また、苦しい感情がでてきても鎮まることが早くなります


そして、よく聞く話ですが、
セッションの後、楽になったのに元に戻ってしまうとか、
セッションの効果が持続しないなどとおっしゃる方には、
特にオススメしたいです。

自分がどんな比較や判断をしているのか?
どうぞみなさま自分の観察を続けて見てください!

でも、なかなか継続できないこともよくわかっておりますし、
文字には書き表しにくいノウハウなどもあります。

そんな時は一度ご相談ください。
継続セッションなどで対応させていただきます。
最後までお読みいただき、ありがとうございます。(^_^)

パートナー・家族が幸せに。自愛カウンセリング セラピー 感情解放 願望実現

私は私のままで大丈夫! 〜自分を愛して、マインドフルネス観察で、悩み不安から、究極の平和と自由へ〜 自らの力で快適に過ごして頂くために、 誠心誠意サポートさせて頂きます!

0コメント

  • 1000 / 1000