<子育て>祖父母の過干渉、世代間の境界線を

心を整理整頓して、
私と家族の幸せと笑顔をお届けする、
自愛コンサルタント
エモーションフリー認定セラピストのコージです^_^

今回はシリーズで、
引きこもり、自傷、過食、拒食、不登校、喧嘩、家庭内暴力、ゲーム三昧、言うことを聞かない、など、
子育てにおける、子供の問題行動を解決するための、ヒントとなるいくつかを様々な角度でお伝えしています。


前回までのシリーズ記事は、下記です。

<子育て>子供の問題行動はそこが問題ではないのです

<子育て>子供の問題は解決せず、親や環境の課題を解決しよう!

<子育て>母性と父性のバランスが大切です

<子育て>家庭の安らぎと、夫婦の不仲、嫁姑問題


それでは、早速続いていきます^_^

祖父母が孫が気になり、
いろいろ意見やアドバイスをしてくるケースがありますね。

もともと悪気はないのでしょうし、
両親も子供も心地よく聞こえたら良いのでしょうが。

そうでない、、、
つまり過干渉って事ですが(^_^;)
問題になることがあります。

不快な場合、祖父母が両親と子供の家庭の中に、
祖父母が境界線を越えたことをしている
のかもしれません。

例えば、お姑さんから
「あなたがしっかり育てないから…」
などど責められたりしては、
母親も精神的に追い込まれてしまうのです(><)


ですから、
両親の家庭に祖父母の影響を受けないような
世代間の境界線をしっかり作り、

祖父母の意見は子供に直接言われないようにして、

祖父母の意見を参考にしつつも、
最終的には子供のことは両親が決める。

というのを進めると解決しやすい場合があります。


そうしたことで、
●親側の気持ちが安定するとともに、
●子供が親と祖父母、2つの意見を聞くことがなくなり、
●親子の安定的な絆に向かうことが
可能になります。



<父性の発揮で境界線を引く>
場合により、子供側に酷い症状があった場合は、
祖父母と別居する覚悟でも!

境界線を引くようにする必要があります。

父親から、祖父母に対して、
「もう子供に対して口出ししないでほしい」
「子供は私たち(夫婦)が育てていく」
「妻に対して子供のことを色々言わないで」

などどハッキリとした意思表示をして、
境界線を引きます。

これは前々回の記事の父性の発揮ですね。

これにより、
夫婦連合(夫婦の心の結びつき)を強め、
子供を育んでいく姿勢を示し、
家庭にそのような雰囲気を涵養していくのです。

また、子供の事に関しては、
夫婦の話し合いで決定し、
最終的にどちらかが伝えるというのが、
家族療法では、モデルケースとなってます。
(後日詳細を書きますね^_^)

これらをできない場合は、
そのできない言えない葛藤を解決するのに、
当方のセラピーが役立つことと思います。



<ココナラサイト>

願望実現に向けて思考・感情解放!
ズバっと解決!!
頭と心を一致して、どうせ私は…から行動し幸せになりませんか?
★今ならキャンペーン中。

限定人数終わり次第価格改定します

●メッセージのやりとりでセッション

願望実現

感情解放

●音声通話でその場で次々と解放

パートナー・家族が幸せに。自愛カウンセリング セラピー 感情解放 願望実現

私は私のままで大丈夫! 〜自分を愛して、マインドフルネス観察で、悩み不安から、究極の平和と自由へ〜 自らの力で快適に過ごして頂くために、 誠心誠意サポートさせて頂きます!

0コメント

  • 1000 / 1000