<子育て>私は「OK」あなたは「NG」。信頼関係づくり

<子育て>私は「OK」あなたは「NG」。信頼関係づくり


心を整理整頓して、
私と家族の幸せと笑顔をお届けする、
自愛コンサルタント
エモーションフリー認定セラピストのコージです^_^


今回はシリーズで、

引きこもり、自傷、過食、拒食、不登校、喧嘩、
暴力、ゲーム三昧、言うことを聞かない、など、

子育てにおける、子供の問題行動を解決するための、ヒントとなるいくつかを様々な角度でお伝えしています。


前回までのシリーズ記事は、下記です。

<子育て>子供の問題行動はそこが問題ではないのです

<子育て>子供の問題は解決せず、親や環境の課題を解決しよう!

<子育て>母性と父性のバランスが大切です

<子育て>家庭の安らぎと、夫婦の不仲、嫁姑問題

<子育て>祖父母の過干渉・子供への世代間の境界線を>

<子育て>母親と子供の密着・父性の不在


それでは、またまた続けていきます^_^


<私は「OK」あなたは「NG」>

いきなりですが、親御さんに質問です。

●お子さんをどのように見ていますか?
●お子さんに対する思考・感情をみてください。

・私がこれだけがんばってやっているのに親の苦労がわかってない!
・どうしてうちの子だけこんななの!
・ワガママばっかり!もっと我慢させないと!
・いつになったらやる気になるの!
・ダラダラしてだらしがない!
・嘘ついて親をだますなんて!
などなど・・・

批判的な、否定的な、悲観的な、
言葉が並ぶかもしれません。

つまり、このように言っているわけです。

『私はOK、あなたはNG』
(ご自分を責めないでくださいね)

これは口に出さなくても相手に無意識に伝わってしまいます。
(⌒-⌒; )


もし、このように否定的に見ている人と、
毎日顔を合わすとしたらどうでしょうか?


●距離を取りなくなるし、
●言うことを聞きたくなくなる

のは想像しやすいと思います。(⌒-⌒; )

これと同様の心理が、子供にも働いてしまいます。


たとえ、子供が前向きになっていたとしても
それを無くすことを援助している形になってしまい、
改善の糸口を狭めてしまいます。

これは、残念ながら、
信頼関係がなくなった状態ですね。



<さてどうするか?信頼関係>

ですので、お子さんを鏡として、必要以上に感じる

嫌な思いや感情を、

セラピーやセルフワークである程度楽になってから、

感情的にならずに、
子供には温かく、受容的に接することで、
徐々に子供との信頼関係が回復していきます。

ここで、なんでも受容的に接するのか?

と疑問を持たれる方もいらっしゃるかと思います。

そういうわけではありません。
当然、駄目なものはダメと言うことも必要です。

前からお伝えしている父性の発揮ですね。

この駄目という言葉にも奥深さがでてきます。
子供に必要以上にイライラする思いを、
自分の中で受容してから発する言葉には
重みが出てくると思いませんか?

それで信頼関係を構築した後に、

ようやく子供を説得したり、
カウンセリングに連れて行って効果をあげる
ことが可能なのです。



<ご案内>
ココナラで、セッションお申し込みの受け付けを開始しました。

今なら人数限定のキャンペーン価格で、
おためしのモニターセッションが受けられます。
どうぞ皆さまご利用くださいませ。


<ココナラサイト>
願望実現に向けて思考・感情解放!
ズバっと解決!!
頭と心を一致して、どうせ私は…から行動し幸せになりませんか?

★今ならキャンペーン中。

限定人数終わり次第価格改定します

●メッセージのやりとりでセッション

願望実現

感情解放

●音声通話でその場で次々と解放セッション



パートナー・家族が幸せに。自愛カウンセリング セラピー 感情解放 願望実現

私は私のままで大丈夫! 〜自分を愛して、マインドフルネス観察で、悩み不安から、究極の平和と自由へ〜 自らの力で快適に過ごして頂くために、 誠心誠意サポートさせて頂きます!

0コメント

  • 1000 / 1000